女装ガイド

女装に厳しい見方の国もある

女装をするというのが高校生の文化祭のイベントにもなるくらいだったり、テレビを見れば女装家を名乗る男性タレントが堂々とミニスカートをはいていたりと、そろそろ女装に対する壁はもうなくなっていて、自由に振る舞っていればいい、という気持ちになるかもしれませんが、注意しなければならないこともあります。
それは海外へ行くときです。日本ではわりと女装は寛容な見方をされているのだと感じるでしょう。自由の国アメリカ、というイメージだけで行くと傷つく目にあうかもしれません。というのは、欧米、ヨーロッパなど特にそういう面があるかもしれませんが、女装に対して非常に厳しい目を持つ人が多いのです。もちろんそういう部分を許容する人たちも少なくないのですが、宗教上の理由で女装は人間として問題がある、とみなす人もいるくらいです。ですから海外旅行に行く場合などは、絶対に女装は禁物とはいいませんが、あまり女性を強く出した服装をする前に、中間的な服装で様子を見るなどしたほうが無難でしょう。
同じ海外旅行でも、アジアはわりと女装に対して寛容なところがありますから、そういったところからどこの国に出かけるかというのを考えてもいいかもしれません。

Topics

女装に厳しい見方の国もある

女装をするというのが高校生の文化祭のイベントにもなるくらいだったり、テレビを見れば女装家を名乗る男性タレントが堂々とミニスカートを…

もっと読む

ギャルになりたい男性が女装を検討

女性だけに許されている派手な感じ、それがギャルというものです。派手な服装にメイク、更には髪の毛から爪の先まで派手にしているような感…

もっと読む

背の高い男性が女装をする

なかなか背の高い男性は女装したくてもばれやすい、どうしてもサイズが大きくなってしまうので、かわいい洋服を見つけるのも難しいという弱…

もっと読む

女装したい程度もいろいろです

女の子が男性のような服装をしてもそれを咎められるようなことはないのに、男性が女装をするとそうしたことがある、あるいは変な人と見られ…

もっと読む