女装ガイド

女装したい程度もいろいろです

女の子が男性のような服装をしてもそれを咎められるようなことはないのに、男性が女装をするとそうしたことがある、あるいは変な人と見られてしまうというのはちょっと残念な気持ちにもなるかもしれません。女装したい男性の気持ちはいろいろで、単なるスリルとかストレスの発散でそれをする人がいれば、女の子になりたくてそうする人たちもいます。
どこまで女装するかという点においてもいろいろであり、単に他の人では絶対に見つかることがない、下着の部分、つまりブラをするとか女性ものの三角のパンティを履くとかで満足する人もいれば、スカートにパンスト、ブラウス、ヒールなど完全に女になりたいということで女装を徹底する男性もいます。単に女性のものの下着だけということであれば、トイレのときに便器のある個室のほうに入って用を足せばよいので見つかることはないでしょう。
また洗濯も部屋干しにすれば問題はありません。一方で完全に女装すると言う場合には隠すのではなく、見せることがポイントになるわけですから、その点では堂々とできますし、女性トイレに入ることさえできるかもしれません。女になりきり、街を歩き、ちょっと周囲の視線を気にすることになりますが、ほとんど気ずかれていないことに優越感を抱くのです。

Topics

女装に厳しい見方の国もある

女装をするというのが高校生の文化祭のイベントにもなるくらいだったり、テレビを見れば女装家を名乗る男性タレントが堂々とミニスカートを…

もっと読む

ギャルになりたい男性が女装を検討

女性だけに許されている派手な感じ、それがギャルというものです。派手な服装にメイク、更には髪の毛から爪の先まで派手にしているような感…

もっと読む

背の高い男性が女装をする

なかなか背の高い男性は女装したくてもばれやすい、どうしてもサイズが大きくなってしまうので、かわいい洋服を見つけるのも難しいという弱…

もっと読む

女装したい程度もいろいろです

女の子が男性のような服装をしてもそれを咎められるようなことはないのに、男性が女装をするとそうしたことがある、あるいは変な人と見られ…

もっと読む